【宿泊記】Go To トラベルでザ・リッツ・カールトン沖縄のベイデラックスルームに5万円以上お得に宿泊!

夫婦旅行

こんにちは、アダザップです。

この間、ザ・リッツ・カールトン沖縄(The Ritz-Carlton Okinawaに宿泊してきました。

リッツカールトンに宿泊するのは初めてだったのですが、近くのビーチやバス停へ無料で送り迎えしていただいたり、食事や清掃の際のスタッフの方からの心温まるお気遣いなど、ワンランク上の上質なサービスを受けることができ、とても思い出に残る夫婦旅行となりました。

またGo To トラベルキャンペーンとSPGアメックスカードの会員特典を利用することで、通常時より5万円以上お得に宿泊することができました。

通常時 支払金額 割引金額
リッツカールトン沖縄での2泊の宿泊料金(高層階ベイデラックス、朝食付) 96,773円 62,903円 33,870円
イタリアンレストラン「ちゅらぬじ」での夕食 40,291円 18,642円 21,649円
和食レストラン「グスク」での夕食 9,975円 8,329円 1,645円

今回はリッツカールトン沖縄の魅力とともに、Go To トラベルキャンペーンとSPGアメックスカードの会員特典を利用して、お得に宿泊やレストランで食事をする方法について私たちの体験とともにレポートします。

Go To トラベルキャンペーンを利用して、リッツカールトン沖縄に宿泊を考えている方の参考になれば嬉しいです。

ザ・リッツ・カールトン沖縄とは?

ザ・リッツ・カールトン沖縄(The Ritz-Carlton Okinawa)は世界最大のホテルチェーンであるマリオット・インターナショナルが運営する、沖縄県の中でも最高級のホテルです。

マリオット系列のホテルの中でも最高クラスのカテゴリー8に属しています。

同じカテゴリー8のホテルは他に、ザ・リッツ・カールトン東京やザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町などの有名な超高級ホテルがあります。

カテゴリー スタンダード オフピーク ピーク
1 7,500 5,000 10,000
2 12,500 10,000 15,000
3 17,500 15,000 20,000
4 25,000 20,000 30,000
5 35,000 30,000 40,000
6 50,000 40,000 60,000
7 60,000 50,000 70,000
8 85,000 70,000 100,000

リッツカールトン沖縄はもともと吉瀬別邸ホテル&スパだったところを改修、リブランドして2012年の5月28日にオープンしました。

リッツカールトンの日本での展開は沖縄の他に、大阪と東京、京都、日光の5ヶ所に店舗があり、今後北海道のニセコ(2020年)と福岡(2022年)にも開業を予定しているようです。

(ニセコは東山ニセコビレッジ、リッツ・カールトン・リザーブとして2020年12月15日に開業したようです。いつかこちらも夫婦で行きたいですね。)

私たち夫婦が宿泊した12月は入り口の門をくぐったところにクリスマスカラーの綺麗なリースが飾れており、クリスマスの雰囲気も味わうことができました。

門をくぐって正面(クリスマスリースの真裏)がリッツカールトン沖縄の正面玄関です。THE RITZ-CARLTONと書かれた白い絨毯のある入り口は撮影スポットにもなっています。

入り口を入ってすぐの海風の吹き抜ける開放的なロビーは、沖縄らしさとリッツカールトンの上品さをかけ合わせたラグジュアリーな空間を演出していました。

ザ・リッツ・カールトン沖縄への行き方は?

那覇空港からリッツカールトン沖縄へはレンタカー以外に、空港リムジンバスまたは沖縄エアポートシャトルを利用することができます。

  • 空港リムジンバス(那覇空港→リッツカールトン沖縄 or オキナワマリオットリゾート&スパ)
  • 沖縄エアポートシャトル(那覇空港→かりゆしビーチ前)

空港リムジンバスで約90分、沖縄エアポートシャトルで約2時間かかりますので余裕を持って移動しましょう。

「オキナワマリオットリゾート&スパ」と「かりゆしビーチ前」はどちらもリッツカールトン沖縄から車で5分程度の場所にあります。

オキナワマリオットリゾート&スパまたはかりゆしビーチ前を利用した場合、リッツカールトン沖縄までの無料送迎サービスを利用することができます。

オキナワマリオットリゾート&スパまたはかりゆしビーチ前からリッツカールトン沖縄まで送迎を希望の場合、空港でのバス乗車前に事前連絡を入れておくとスムーズです。

※ もちろん到着後に連絡しても10分程度で迎えに来ていただけます。

私たち夫婦も行きは那覇空港から空港リムジンバス(料金は1人2,100円、約90分)を利用し、オキナワリゾート&スパで下車後、リッツカールトン沖縄まで送っていただきました。

また帰りはリッツカールトン沖縄からかりゆしビーチ前まで無料で送っていただき、那覇空港まで沖縄エアポートシャトル(料金は1人1,600円、約2時間)を利用しました。

那覇空港から空港リムジンバスで約90分

到着ロビーを出てすぐ左手のHISカウンターの横に、空港リムジンバスのチケットカウンターがあります。

リッツカールトン沖縄で直接降ろしてくれる便は、13時27分と14時27分、15時27分の3本しかありません。

那覇空港国内線 発車時刻 リッツカールトン沖縄 到着時刻
11時40分 13時27分
12時40分 14時27分
13時40分 15時27分

上記の時間帯以外はオキナワマリオットリゾート&スパで下車しましょう。

那覇空港国内線 発車時刻 オキナワマリオットリゾート&スパ 到着時刻
15時50分 17時58分
17時50分 20時14分

時刻表はこちら

那覇空港から沖縄エアポートシャトルで約2時間

沖縄エアポートシャトル(リゾートライナー)のチケットは、Webで予約・購入する方法とチケットカウンターで購入する方法、乗車時にバスの運転手に支払う方法の3つがあります。

  • Webで予約購入
  • チケットカウンターで購入(那覇空港国内線観光案内所)
  • 乗車時に運転手に支払う(現金または楽天Payが使用可能)
那覇空港国内線 発車時刻 かりゆしビーチ前 到着時刻
9時00分 11時06分
11時00分 13時06分
12時30分 14時36分
14時40分 16時48分
15時30分 17時38分
17時00分 19時07分

※上記の時間帯以外に特急のバスも走っていますが、かりゆしビーチ前には止まりません。かりゆしビーチ前で下車する場合にはご注意ください。

時刻表はこちら

お得な2回乗車券(2,600円)や乗り放題パス(3日間3,900円、5日間4,900円)がありますので、レンタカーを使わない場合にはこちらが一番お得だと思います。

(私たちはこちらのお得な情報を知らず、美ら海水族館へ行くにも使用したため、夫婦二人で11,400円のバス代がかかりました。。。)

ザ・リッツ・カールトン沖縄の客室

私たち夫婦が今回宿泊したお部屋は、高層階の海側のベイデラックスというお部屋でした。

料金は2泊で96,733円でしたが、Go Toトラベルキャンペーンを利用することで33,870円の割引となり、合計で62,863円でした。

通常時 支払金額 割引金額
リッツカールトン沖縄での2泊の宿泊料金(高層階ベイデラックス、朝食付) 96,773円 62,903円 33,870円

お部屋は45平米のゆとりのあるお部屋で、トイレの両扉が開閉式の扉でつながってお部屋を一周することができ、想定以上に広く感じることができました。

ベッドルーム

2つのベッドが並んだツインベッドとともに、背もたれの付いたソファーと1人用のソファーが向かい合わせに使え、大変広々としたお部屋でした。

バスルーム

洗面台は2つあり、鏡とコンセントか両方に付いているため、夫婦で同時に手を洗ったり髪を乾かしたりすることができました。

引き出しにはパナソニック製のドライヤーも1台入っていました。

アメニティは、下段が左からヘアブラシ、クシ、髭剃り、に歯ブラシが2本入っていました。

上段には左からシェビングフォーム、ヘアゴム、シャワーキャップと綿棒が入っていました。

特に歯ブラシが黒色と白色の2種類に分かれており、使用した2人の歯ブラシが混ざらないようになっているところにリッツカールトンの気遣いを感じて素敵でした。

バスタブは、大きな窓の真横に設置されており、お風呂に入りながら外の景色を楽しむことができました。

当たり前ですが、窓には自動カーテンが付いています。ボタンで開け閉めができますのでご安心を!笑

夜は夜景と星空を眺めながら入浴をすることができました。

バスタブ以外にシャワールームも付いています。

シャワールームは

シャンプーとリンス、ボディーソープも付いています。

xx

トイレはウォッシュレット付きのとても

バルコニー

バルコニーにはソファー風の椅子が2つと丸テーブルが置いてありました。

私たち夫婦は、ここで夜は星空を見ながら晩酌をしながら沖縄での最終日の夜をお祝いしました。

バルコニーから左手にロビー、正面にゴルフコース、右手に屋外プールを眺めることができます。

また左手同じマリオット スパアンドリゾートの建物も見ることができました。

その他設備

引き出しには、上下に分かれている寝具と寒いときに羽織ることのできるパーカーが入っていました。

12月の沖縄は夜に少し肌寒く、さっと羽織ることのできるパーカーはとても有難かったです!

ミニバーは、テレビの下のデスクの引き出しの中と冷蔵庫の中にありました。

デスクの引き出しの中は、ポテトチップスやナッツなどのお菓子類と、常温のブランデーやウィスキーなどのアルコール類が入っていました。

私たちは晩酌用にプリングルスとシーバスリーガルをいただきました。

冷蔵庫の中には、オリオンビールとシャンパンのアルコール類以外に、さんぴん茶やコーラなどのソフトドリンク類がよく冷えて入っていました。

冷蔵庫の扉側にはトニックウォーターと炭酸水も入っていました。

ミニバー以外にコーヒーマシンが置いてありました。

3種類のコーヒーが2つずつ。紅茶はシンガポールで有名なTWGのものでした。

ザ・リッツ・カールトン沖縄での食事

私たちは朝食付きのプランでした。

ダイニングレストラン グスクでの食事

ダイニングレストラン グスクでの朝食で2回、夕食で1回利用しました。

場所はロビー階と同じフロアの奥にあります。

朝食はセットメニューとサイドメニュー、それからサラダやフルーツ、ドリンクがビュッフェでいただけるハーフビュッフェ形式でした。

私たちは、サイドメニューにオムレツを注文しました。もちろんサイドメニューも朝食料金に含まれていますので安心してください。

オムレツはふわふわで柔らかく、とても美味しくいただきました。

セットメニューは日によって変わるようです。

ドリンクやサラダ、フルーツなどは自由に取ってくる形式でした。

イタリアンレストランちゅらぬじでの食事

XX

ザ・リッツ・カールトン沖縄のスパ棟

ジムや屋内プールのあるスパ棟は、客室のある棟とは別の場所にありました。

ロビー階からエレベーターに乗り、1階に行きます。

ザ・リッツ・カールトン沖縄の宿泊記まとめ

私たちはGo To トラベルキャンペーンを利用することで、3万円以上お得に沖縄の最高級ホテルであるリッツカールトン沖縄に宿泊することができました。

イタリアンレストラン「ちゅらぬじ」での食事の際には、地域共通クーポンSPGアメックスカードの会員特典を併用し、2万円以上お得に美味しいコース料理をいただくことができました。

またザ・リッツ・カールトン沖縄のスパ棟には24時間営業のフィットネスセンターがあり、宿泊中も趣味である筋トレをおもいっきりすることができたことが個人的にはとても嬉しかったです。(コロナ禍の2020年12月でも利用することができました。)

Go To トラベルSPGアメックスカードの会員特典を利用して、お得にリッツ・カールトン沖縄への宿泊や食事を考えている方の参考になれば嬉しいです。

是非ワンランク上の上質なサービスを体験してみてください。

ザ・リッツ・カールトン沖縄のSPGアメックスカード会員特典

リッツカールトン沖縄は、世界最大のホテルプログラムであるマリオットボンヴォイ(Marriott Bonvoy)の対象ホテルです。

マリオットボンヴォイ(Marriott Bonvoy)の会員ステータスは、宿泊実績に応じた6つ段階に分けられています。

会員ステータス 必要な宿泊実績 その他
会員資格 年間0~9泊
シルバーエリート 年間10泊
ゴールドエリート 年間25泊 SPGアメックスカード入会で獲得
プラチナエリート 年間50泊
チタンエリート 年間75泊
アンバサダーエリート 年間100泊

アメリカン・エキスプレス(American Express)が発行するSPG(スタープリファードゲスト)カードを保有することで、マリオットボンヴォイの上級会員資格であるゴールドエリートを無条件で取得することができます。

私たちも夫婦でそれぞれSPGアメックスカードを保有しています。年会費が夫婦で6万円以上しますが、無料宿泊ポイントが付くため年会費以上の価値があると考えています。

リッツカールトン沖縄ではゴールドエリート会員特典として、以下のサービスを受けることができました。

ウェルカムドリンクとウェルカムギフト
14時までのレイトチェックアウト
イタリアンレストラン「ちゅらぬじ」での食事が20%オフ
ダイニングレストラン「グスク」での食事が20%オフ
ザ・ロビー・ラウンジ(The Lobby Lounge)での食事が20%オフ
ギフトショップ(The Ritz Carlton Boutique)での買い物が10%オフ

また、私たちは残念ながら今回対象ではなかったのですが、上記以外にも以下のサービスを受けることができるようです。

空きがあった場合に客室の無料アップグレード
ダイニングレストラン「グスク」の朝食 が6歳以下は無料、7歳以上12歳以下は50%オフ
12歳以下のお子様にアイスクリームのプレゼント

ウェルカムドリンクは、沖縄限定販売で沖縄県産パインを使用した「パインジュース」でした。パインの味がとても濃厚で南国リゾートの雰囲気との相性が抜群でした。

パインジュース以外にザ・ロビー・ラウンジ(The Lobby Lounge)で「季節のカクテル」の無料でいただくこともできました。(無料券をいただいたのですが、写真を撮り損ねました。。)

ウェルカムギフトはリッツカールトン沖縄オリジナルチョコレート「ボンボンショコラ」でした。チョコレートの中には、沖縄の泡盛を使用したシロップが想像以上に入っていますので、運転の予定がある方や妊娠されている方は注意が必要です。

こちらもリッツカールトンらしい上品な味わいで、夫婦で美味しくいただきました。(3個目はジャンケンでアダザップ嫁が美味しくいただきました。)

SPGアメックスカードへの入会を検討している方は、既にアメックスに入会している人から紹介してもらうことで、通常より6,000ポイント多くもらえる「紹介プログラム」の利用がおすすめです。

入会特典 入会後3か月以内に10万円以上のカード利用で30,000ポイント獲得
紹介プログラム利用することにより得られる入会特典 カード保有者からの入会でさらに6,000ポイント獲得
カード利用ポイント 3,000ポイント
合計 39,000ポイント

こちらに連絡いただければご紹介いたします。

最後まで読んでいただきありがとうございました。